FC2ブログ

憑かれた宮司とエトセトラ8

ランチタイム

 課に戻ると亜樹さん以外は、席に居なかった。みんな昼食を取りに、市役所の食堂や外に食べに行ったのだろう。
「おつかれさまでした。」
「おつかれさまです、佐倉さん。」
 亜樹さんは、自席で弁当を食べていた。
「いつもお弁当ですけど、それって自分で作ってるんですか?」
「自分で作ってますよ。節約したいので。」
 弁当を覗き見ると、美味しそうなおかずが並んでいる。
「佐倉さんも早く昼を取りに行った方が良いですよ。」
 時計は十二時半少し前を指していた。昼休みは午後一時までだ。
「いや、今なんかあんまり食欲無いんで、いいですよ。」
 いつもはお昼のチャイムが鳴ったら速攻ランチに向かっている。しかし今日はなぜか満たされている感じがして、お腹が空いていなかった。
「多分、ずっと緊張して気持ちが高ぶってて、それがまだ落ち着いていないのだと思いますよ。」
 そう言うと、亜樹さんはお弁当箱の横に置いていた、おにぎりを一つくれた。
「後で、絶対お腹すきますよ。とりあえずおにぎり食べといてください。」
「いいんですか?」
「高いですよ。」
「体で返します。」
 亜樹さんに、何を言っているんだこのアホといった視線を向けられる。しかし動揺したのか、箸でつまんでいたおかずが弁当箱にポトリと落ちた。
「では午後に運ばなければいけない荷物がありますので、運ぶの手伝ってくださいね。」
「わっかりました、いただきます。」
 具は辛子高菜だった。

「そう言えば、さっき宮司の白川さんとお話されていましたけど、何を話してたんですか?」
「あ、あれはですね、……」
 突然の白川さんに関する質問に驚いて、おにぎりが入ってはいけない方向に入りそうになる。
(水、水がどっかに…)
 亜樹さんが自分の水筒から水を注ぎ、すっと差し出してくれた。無言で受け取り、一気に飲み干す。よく冷えた麦茶だった。
「ああ、助かりました。すいません、ありがとうございます。」
「大丈夫ですか?」
「ええ、すいません。白川さんには、お礼を言ってました。あと少し雑談を。」
「確かにさっきの会議では、白川さんに助けられてましたね。けど私もあのアイデア、とても良いと思いましたよ。」
「本当ですか?なんか突然の思いつきで言ったアイデアだったんですけど、あれよあれよと決まってしまって。自分で言っといてなんですけど、本当に大丈夫なのかって感じですよ。」
「大変だとは思いますよ。」
「やっぱりそうですか。」
「けど実現できれば盛り上がるのは間違いないと思います。ここに戻る途中に課長から伺いましたが、クリスマスツリーの担当者は、佐倉さんになったそうですね。」
「会場で課長に言われましたよ。発案者が責任を持つべきだよな、とか言われて。」
「課長も佐倉さんに期待しているんですよ。」
「そうですかねえ。」
 あの課長のことだ。ノリで決めてしまったのではなかろうか。
「課長は、まぁあんな人ですけど、無謀な人ではありません。佐倉さんには厳しそうだと判断していれば任せることはないでしょう。色々と計算した上で、佐倉さんならできると判断したのだと思いますよ。計算など無くて、勘で決めているかもしれませんが。」
 亜樹さんはそう言うと、卵焼きを頬張った。美味しそうだ。少し無言が続く。宗一もおにぎりの残りを頬張る。
「もちろん私も、そして課長もサポートするので、そこまで心配する必要はないですよ。」
「ありがとうございます、けど実際何やれば良いかよくわかんないんですよね。」
「まずはスケジュールを組むことです。スケジュールの大枠は先程の会議で決められましたが、詳細な日程などは全く決まっていない状態です。」
「確かに。」
「例えば、電飾の調達にどのくらい時間がかかるのか、工事の日数は何日必要なのかといった各工程にかかる日数を洗い出してください。それから、開催日から逆算して何をしなければいけないのか、作業の優先順位はどうすれば日程的にロスがないか考える必要があります。」
「なるほど、よく分かりません。」
「やってみれば分かってきますよ。最初は誰だって、わかりません。」
「わかりました、頼りにしてます亜樹さん。」
「最初から頼ろうとする根性は、良くないと思いますよ。」
「そんなこと言わないでくださいよ。間接キスした仲じゃないですか。」
 さっき注いでもらった水筒を見る。亜樹さんがハッとした表情をしている。おそらくこの後、少し顔が赤くなるだろう。
「次のどに詰まらせるようなことがあったら、何もせずに眺めていますね。」
「え、そんなぁ。」
 亜樹さんをからかうのは、私のルーティンワークだ。

 亜樹さんがお弁当を食べ終わる頃には、課の他の職員がチラホラと席に戻ってきた。課長も課の職員と昼食を取っていたのか、一緒に戻ってきた。
「お、佐倉。さっきはご苦労さん。」
「あ、課長。ありがとうございました。」
「まさかあんなにあっさりと決まるとは、思わなかったなー。」
「確かに、すぐ決まりましたね。」
「いやぁ俺もクリスマスツリー良いんじゃないかと、実は思ってたんだけどな。」
「本当ですか?後出しジャンケンですよね。」
「いやいやマジで。けど俺が考えていたのは、ツリー自体は何か骨組みで作るってアイデアだったから、作るのに金がかかるのよ。だから普通に考えて、厳しいだろうなって思っててさ。既にある木を使おうなんて考えもしなかったわ。」
「なんとなくパッと思いついたんですよね。」
「まぁ思いついたのは立派だが、実現しないと意味がないからな。頑張れよー。まぁわからないことがあったら、俺か亜樹ちゃんに相談しな。」
「課長、ちゃん呼びはやめてください。セクハラで訴えますよ。」
 亜樹さんが即座に突っ込んできた。目が怖い。
「すまんすまん、つい癖で。」
「癖って、課長去年来てから、ずっとちゃん呼びですよね。」
「ん、そうだっけ?まぁ佐倉、気楽にやってみ。」
 そう言うと課長は、亜樹さんから逃げるように、そそくさと課長席へと戻っていった。
「まったく。」
 亜樹さんがつぶやく。今日も商工観光課は平和なようだ。

 午後の仕事が間もなく始まろうとしていた。


にほんブログ村 BL小説
いつも励みになります。リンクを押して、応援いただけますと嬉しいです。

Comment

ますみ | URL | 2018.11.20 10:55
亜樹さん、感が鋭い女性のようで。
佐倉サンも誤解を招く言い方はしない方がいいのに・・。

この段階では、恋愛感情が全く無いから言える台詞なんだろうな。(ため息
火種作った気がします。  でも。
この先が楽しみですっ♪
伊助弓太 | URL | 2018.11.20 12:38
ますみ様

コメントありがとうございます!

そうですよね。宗一は気軽に亜樹さんをからかっていますが、どういった感情なんでしょう。
一番近くで見てる、私にもわかりません。
亜樹さんがどう思っているのかも、よくわかりませんね。

書いてくうちに、明らかになっていくのではないかと私も私に期待しています笑。
Comment Form
公開設定

プロフィール

伊助弓太

Author:伊助弓太
このブログを開いてくださいまして、ありがとうございます。伊助弓太(いすけ きゅうた)と申します。20代男です。コツコツと更新していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
訪問者数
Link
リンクしていただけるブロガー様は、ご連絡いただけると飛び跳ねて喜びます。
QRコード
QR