FC2ブログ

憑かれた宮司とエトセトラ17

理想の枕

 首筋が熱い。アズナイ、いや、白川さんの唇が体に触れるたび、その箇所が熱を帯びる。もし今の私をサーモグラフィカメラで見たら、キスマークのように赤い唇の形が浮き上がるだろう。
「や、やめ…。」
「ん、なにか言ったかい?」
「……。」
「良いみたいだね。嬉しいなあ、全く。」
 そう言いながら首筋から耳の方へと唇を這わせていく。
「佐倉さん、ここ、気持ちいいんですか?」
 突然アズナイが、白川さんの口調で語りかけてくる。何しろアズナイが依り代とする白川さんの口から発せされた言葉だ。当然それは白川さんの声でもある。
「おま、お前、それは、ダメだ。やめろ…。」
「ごめんよ、宗一。可愛かったから、思わずからかいたくなっちゃのさ。」
「ふざけんな、てめぇ…。」
「けど宗一が感じてくれたみたいで何よりだよ。」
 私のものは、行き場を失ったかのように開放を求めていた。

 静かな拝殿に、アズナイの甘噛の音だけが、しんしんと響いていた。これは夢だろうか。そもそもこんな状況普通ではない。私はあれだけ酔っ払っていたのだ。寝てしまって夢を見ている可能性のほうが高いのではなかろうか。
 しかしそういった宗一本人も望んでいない希望は偽りであると、宗一本人が自らの興奮をもって、体に刻み込まれていた。
 拝殿には甘噛の音と、宗一の興奮を押し殺した声が小さく響き渡っている。その声は、どこか嬉々としていて、複雑さを含んでいて、そして不満げであった。

「ア、アズナイ……。」
「ん?どうしたんだい、宗一。そんなとろんとした可愛い顔をして。」
「そ、その……。」
「可愛いよ宗一。いいよ、何でもいってごらん。」
 宗一は、どこか現実離れした今の状況に、だんだんといつもの冷静さを失いつつあった。それは宗一が、隠していたわけではないけれど、今まで自覚していなかった本当の自分の姿を表すきっかけとなった。
「さ…、さわら……か。」
「聞こえないよ?」
 この神様は、面倒くさい性格のようだ。
「だ、だから、触らせてくれないか、その体を。」
 ついに言ってしまった。思うだけなら人は自由だ。何を思おうが言葉にしなければ、周りにも、そして自分自身にも影響はない。しかし今、宗一はついに自分の思いを言葉にしてしまった。その言葉をきっかけに、宗一のブレーキは壊れていく。
「素直になったね、宗一。そういう素直なところ、僕は好きだ。」
 そう言うと、アズナイは着ていた上着を脱ぎ始めた。

 白川さんの鍛え上げられた肉体が、あらわになる。腹筋はきれいに割れていて、胸の筋肉は盛り上がっている。筋トレだけで身につけたのではない、白川さんの好きな野球をする中で自然と身についたであろう、しなやかさと力強さを兼ね備えた肉体が、宗一の目の前にあった。
「ふぅ、暑かった。やっぱり久しぶりに人の子に憑依したから慣れないね。この暑さってもんには。」
 アズナイが何を言っているのか、宗一には全く届いていなかった。宗一は感じていた。これを求めていたのだろうか。白川さんの体に反応してしまっているのだろうか。それではまるで体目的みたいじゃないか。白川さんの持つ空気感とでもいうか、人柄に惹かれていたはずなのに。
 しかし体は素直であった。宗一の戸惑いとは裏腹に、その本能が刺激されてしまっていた。宗一の手が、白川さんに伸びる。あと少しで届く。
「白川さん……。」
 アズナイは何も言わずに、嬉しそうに微笑みながら宗一が触れるのを待っていた。

 宗一は最初に、白川さんの分厚い胸筋に右手で触れた。触れた瞬間、幸せと興奮が指を伝って全身を駆け巡る。理屈ではない。体がそれを求めていたのだ。
「ああ、すごい…。」
「宗一……。」
 アズナイの声は、今の宗一には届かない。この胸筋を枕にして寝れるのならば、どんなに幸せなんだろうと、よくわからないことまで考える始末だった。アズナイは宗一の好きにさせると決めたのか、動かずにただじっと宗一を優しい目で見守っていた。



にほんブログ村 BL小説
いつも励みになります。ポチッと応援いただけると幸せです。

第1話はこちらからどうぞ(=゚ω゚)ノ

憑かれた宮司とエトセトラ16

守りたいもの

 暖かい。

 10月の千台市は寒い。油断したらすぐに風を引いてしまう。

 ただ今は暖かい。それと同時に何というのだろう、幸せな感じというよりかは、満たされるといった感じのほうが近いかもしれない。白川さんの体に手を回しただけなのに、この満たされていく感じは一体何なのだろう。中身は白川さんではないというのに。
「どんな感じだい、宗一。」
 白川さんの声で、アズナイは私にそう聞いてきた。
「……あぁ。」
 宗一は、目の前にある白川さんの顔を見る。見つめる。今、目の前の体には、アズナイが入っている。いくら白川さんの顔を見つめても、それを白川さんに知られることも咎められることもない。
「そんなに見つめられると、いくら僕が神様だからといっても照れてしまうんだけどね。」
 静かにしていてくれ。今はそれどころではないんだ。目の前に白川さんがいるんだ。
「うーん、感慨に浸っているところ悪いけれど、僕もそろそろ我慢せずに動き出していいかな。」
 そう言うと、白川さん、いやアズナイは顔をさらに近づけてきた。
「ずっと思ってたんだ。宗一の唇は、どんな味がするんだろうって。」
 アズナイがキスをしようと、更に顔を近づける。

 ああ、奪われてしまう。

 奪われてしまう。

 …奪われていいのだろうか。

 私は、

 アズナイが乗り移った状態の白川さんとキスして、嬉しいのだろうか。

 目の前に白川さんの唇がある。

 分かる。分かってしまう。

 おそらく一度キスしてしまったら、もう戻れない。

 宗一は、反射的に自分の口を右手で覆った。結果的にアズナイは、宗一の右手の甲にキスをすることになった。その瞬間、右手が電気でも流れたかのようにしびれる。興奮が右手から全身を駆け巡って脳に届く。脳が興奮する。既におかしくなった頭が、さらにおかしくなってしまいそうだ。アズナイが手の甲から唇を離す。手の甲が、熱を持っているように感じた。
「宗一は素直じゃないなぁ、全く。まぁ抵抗されるのも嫌いじゃないよ。」
 そう言いながらアズナイは、宗一に微笑みかけた。
「俺は、この神社を、白川さんの好きな場所を、失わないように協力するだけだ。決して、自分の欲望のためじゃ、ない。」
「うんうん、分かった分かった。そういうことにしておいてあげるよ。」
 そう言ってアズナイは続ける。
「けどなぁ、接吻ができないってなると困っちゃうなぁ。」
「…えっ?」
「いやね、男色の定義って様々なんだよ。触れ合ったりするだけでも男色っていう人もいるしね。」
「あ、ああ。それで、アズナイの言う男色の定義って、何なんだ?」

「え、粘膜の接触だよ。」

 またこいつは何を言っているんだ。

「接吻がダメってことは、もう方法は一つしかない。分かるよね、宗一?」

 アズナイの言う一つ一つが、遠くの出来事のように聞こえる。

「宗一が、接吻がダメだってことは、よくわかったよ。あの状況で止められるってことは、それだけ接吻という行為が、宗一にとって大切なことなんだね。僕もそこまでされたら唇には触れないと神様に誓おうじゃないか。って神様は僕か。」
 そう言ってアズナイは、軽く笑う。
「協力するとは言ったけれど、いくらなんでも…。」
 戸惑う。いくらこの神社のためとはいえ、そんなことを考えたことは、今までなかった。
「そうは言っても、宗一の方は準備万端みたいだけど?」
 そんなことは言われなくても、自分がよく分かっている。自分の体だ。体の上に乗られた後から、ずっとそうなっているのは知っている。
「こ、これは……。」
「そろそろ素直になってもいいんじゃないかな、宗一。僕は力を取り戻す。それで神社はこれからも守られる。利嗣君は好きな場所で、過ごしていける。そして宗一は、好きな人に触れて幸福感を得られる。誰も損していないじゃないか。」
「そうだけど…、そうだけど後ろめたいと言うか…。」
「もう面倒くさいなぁ、まぁ僕に任せてよ。」
 そう言うとアズナイはもう一度、宗一の体に覆いかぶさってきた。

 熱い。

 熱くて、嬉しくて、後ろめたくて、満たされる。

「そうだ宗一、唇には触れないと誓ったけれど、それ以外はいいよね。」
「…えっ?」
 アズナイはそう言うと、宗一の首筋にキスをした。
 宗一とアズナイの、快感と背徳の夜はまだ始まったばかり。



にほんブログ村 BL小説
いつも励みになります。ポチッと応援いただけると幸せです。

第1話はこちらからどうぞ(=゚ω゚)ノ
プロフィール

伊助弓太

Author:伊助弓太
このブログを開いてくださいまして、ありがとうございます。伊助弓太(いすけ きゅうた)と申します。20代男です。コツコツと更新していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村ランキング
訪問者数
Link
リンクしていただけるブロガー様は、ご連絡いただけると飛び跳ねて喜びます。
QRコード
QR